FC2ブログ

記事一覧

就寝具、車中泊編。(マット購入)

前回の続きです。



寝袋そのままでは床が硬い事が判明しましたので、

下に敷くマットを購入したいと思います。



早速ネットでポチポチと・・・



寝袋の下に敷くマットは 「テントマット」 と呼ばれるみたいです。

そして色々な種類があるそうです。



テントマットが必要な理由が色々あって、一つ目が自分が望んでいる

「快適な寝心地」 アウトドアでは地面がフラットとは限らない、凹凸や

段差などが当然あるものとして、その段差を解消する為のアイテムが

テントマットと言う事です。



二つ目が 「断熱」 快適な温度の季節では、なかなか考えないのですが。

地面からの熱というのはバカにできないそうです。



夏は地面からの熱が上がってきて寝苦しくなり・・・

冬は地面から冷気があがってきて寝付けない・・・



これを解消するのが、断熱効果のあるテントマットなのです。





と、色々書いてありました。





まあ、とにかく自分好みのアイテムを探しましょう。



テントマットは大きく分けて2種類あります。

発泡マットとエアー注入式マットです。



発泡マットはウレタン等のスポンジがマットになっている物で、

一番ポピュラーなのが銀マットです。



エアー注入式マットはポンプ等を使って空気を入れて使うタイプで

ビーチベッドや浮き輪の強化版みたいな感じです。



どちらを選ぶのか・・・・・・自分は発泡タイプにしました。



まずエアー注入式なのですが、発泡式に比べて値段が少し高い、



いや、発泡タイプも上を見ればビックリする値段の物もありますげど、

下は物凄く安いのです。(まあ、何しろ自分なので・・・)



そして、表面が破れてエアーが漏れた時、修理が出来るのか?

と心配になったのです。



その点、発泡タイプは破れても機能は変わらないし、かさばるけど

家の布団程ではないので良いと考えたのです。



上記の点を考慮して、検討に検討を重ねて決めました。

(いや、ネットで色々見ただけです・・・ 盛りました・・・ スミマセン)



Amazonで売っていたEVA素材の折り畳みマットタイプで表面に

凹凸があり、クッション性も良好、厚みも20mmありました。



そして、お値段が2099円。(安い!!!)





ポチっとしてしまいました。






スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gannbaruppe

Author:gannbaruppe
FC2ブログへようこそ!

金無し、暇無しのアラフォー貧乏おやじ。

自分でできそうな節約術にいろいろと

チャレンジしていこうと考えています。

最新コメント

スポンサーリンク