FC2ブログ

記事一覧

サプリメントの効果とは?(その3)

寒い、寒い、寒ーーーーーい!!!!!!


ほんとに寒い。


これで雪でも降ったら終わりだよーーー!






イヤ、本当に大変なんすよ。


実は諸々あってスタッドレスタイヤが有りません。


なので、この冬はノーマルタイヤでクリアしようと思っています。






そんな、どうも私です。






さてさて、お馴染みのサプリメントを考える、第3回です。


今回はビタミンC





ビタミンC、、、酸っぱいの???


・・・・・・程度の知識しかありません。


なのでポチッとな。






* 水溶性ビタミンの一つ


* 人間は体内で作成できないので、外部より摂取する必要有り


* ビタミンCの化学名は、アスコルビン酸で、生体内では通常還元型の

L-アスコルビン酸または酸化型の L-デヒドロアスコルビン酸の形で

存在している


* 骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物


* ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろく

なり出血を起こす、これが壊血病です。


* 毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン

色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対

する抵抗力を強める働きがある。


* 抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止にビタミンC

が有効であることが期待されている。


* 成人では1日の推奨量が100mg


* 耐容上限量は定められていないが、摂取量と排泄量を考えると、通常の

食事以外に、サプリメントから一日当たり1g以上のビタミンCを摂取することは

推奨できないとされている


* ビタミンCは熱に弱く、加熱調理により分解されますが、ジャガイモやサツマイモ

などはビタミンCがでんぷんにより保護されているため、調理後にもほとんど分解

されずに残ります。


* ビタミンCは水溶性ビタミンであり、余剰分は尿と一緒に排出されるため過剰症は

ないとされてきました。

しかし、近年、ビタミンCの過剰摂取により、虚血状態により組織や細胞中の酸素濃度が

低下した場合には、活性酸素を産生し、細胞死を引き起こす可能性が示唆されています。

まだはっきりした結論は出ていませんが、サプリメントなどを利用する際は注意しましょう。





まあ、ちょっと怖い内容もありましたが、必須の栄養素である事は間違い無い!!!


無いったら無い!!!






これからも積極的に摂取しよう・・・


・・・適度にね。。。


スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gannbaruppe

Author:gannbaruppe
FC2ブログへようこそ!

金無し、暇無しのアラフォー貧乏おやじ。

自分でできそうな節約術にいろいろと

チャレンジしていこうと考えています。

最新コメント

スポンサーリンク